梅酒・果実酒特集

氷砂糖を使った梅酒レシピ

果実酒といえば、やっぱり「梅酒」。

材料旬の季節:6月~7月

  • ビン(密封できるもの)
  • 竹串(梅のへたを取る際に使用)
  • ホワイトリカー(甲類焼酎35度)・・・1.8L
  • ※ 漬け込み時期はお好みで変わってきます。
  • ※ 苦味が出てくるので、1年ほど経ったら梅を取り出すのがおすすめです。

お砂糖アレンジレシピ

氷砂糖の他にも様々なお砂糖で味の違いが楽しめます。氷砂糖と同じ作り方で出来るので、ぜひお試しください!

国産さとうきび糖

やんばる糖

中ザラ糖

  • 梅・・・1kg
  • 中ザラ糖別ウィンドウで開きます・・・1kg
  • ホワイトリカー・・・1.8L
ご購入はこちらから

季節を楽しむ果実酒のレシピ

果実酒は、旬のフルーツの風味や香りを長く保存する楽しい方法の一つです。

いちご酒旬の季節:4月~5月

材料

  • いちご・・・1kg
  • レモン・・・4個
  • ホワイトリカー(甲類焼酎35度)・・・1.8L
  • 氷砂糖別ウィンドウで開きます・・・500~600g

作り方

  • いちごは洗って水気を切り、2時間ほど乾かします。
  • レモンは皮と白いワタが残らないようきれいにむき、二つ割りにします。
  • 容器にホワイトリカーを注ぎ、いちごのヘタを取って入れ、レモンとスプーン印の氷砂糖を入れます。
  • 容器にフタをして、冷蔵庫か涼しい冷暗所に約2ヶ月おいて熟成させたら、レモンといちごを取り出し、残りの果実酒はガーゼなどでこして保存します。

かりん酒旬の季節:10月~11月

材料

  • かりん・・・1kg
  • 氷砂糖別ウィンドウで開きます・・・700g
  • ホワイトリカー(甲類焼酎35度)・・・1.8L

作り方

  • かりん1kgをぬるま湯の中でたわしで洗い水気をきります。
  • 1のかりんを2~3日乾燥させ、表面にみつが出てきたら洗い流し、1cmの厚さの輪切りにします。
  • 容器に2のかりんを種ごと漬け込み、スプーン印の氷砂糖とホワイトリカーを入れてフタをし、冷暗所におきます。約2か月くらいから飲めますが、1年以上おくと琥珀色になり、いっそうまろやかになります。

レモン酒旬の季節:通年

材料

  • レモン・・・8個
  • 氷砂糖別ウィンドウで開きます・・・800g
  • ホワイトリカー(甲類焼酎35度) ・・・1.8L

作り方

  • レモンをぬるま湯のなかでたわしでよく洗い、皮と白いワタが残らないようきれいにむき、二つ割りにします。
  • 容器に1のレモン、スプーン印の氷砂糖、ホワイトリカーを入れます。
  • 容器にフタをして冷暗所におきます。約1ヶ月半で飲めますが、そのまま半年ほど熟成させたらレモンを取り出して保存します。
ご購入はこちらから