環境マネジメント

三井製糖では、2009年にISO14001を取得し、製造時のエネルギー使用量や輸送時のCO2の削減など、環境負荷低減に向けた取り組みを行っています。
現在は労働安全衛生マネジメントシステムと環境マネジメントシステムを統合運用し、環境安全衛生マネジメントシステムとして活動しています。

環境安全衛生マネジメントシステム(EHSMS)組織図

環境宣言

<基本理念>

三井製糖は、豊かな環境のもとで生育するサトウキビなど自然の恵みをベースに事業展開しております。この豊かな恵みが、将来にわたって享受できるよう環境との調和を図り、健全な自然を次世代に引き継ぎ、持続的発展が可能な社会の実現に貢献します。

<行動指針>

  1. 1.当社は、その全ての企業活動で地球環境に影響を与えていることを認識し、環境マネジメントシステムや環境保全施策を継続的に改善し、環境パフォーマンスの向上を図ります。
  2. 2.環境関連法規・協定等を順守すると共に、必要に応じて自主管理基準を設定し、管理レベルの向上を図ります。
  3. 3.原材料の調達から生産・物流・販売・消費・廃棄に至るすべての段階において、地球温暖化ガスの削減や廃棄物の削減・リサイクルを通じた環境負荷の低減に取り組みます。
  4. 4.環境に配慮した商品開発や資源の有効活用に努めると共に、再生可能エネルギーの活用を図ります。
  5. 5.環境教育を通じ、役職員の環境意識の向上を図り、環境と調和の取れたライフスタイルを志向するとともに、地域環境に貢献していきます。
  6. 6.関係会社および資材の調達先等の取引先において、環境問題への取組みを促し、支援活動を図ります。
  7. 7.企業活動による生物多様性への影響を認識し、保全に繋がる活動に取り組んでいきます。
  8. 8.情報開示を促進し、企業市民として地域や社会との関わりを積極的に図ります。

(2021年10月1日改定)