"お客様を第一に考え、できることを模索する日々。"

砂糖営業
2019年入社 / 産業社会学部 メディア社会専攻

現在の仕事内容は?

家庭用の砂糖商品の販売(量販店営業)

関東エリアを担当する営業マンとして、スーパーやドラッグストアなどの量販店に向けて家庭用の砂糖商品を販売しています。単に自社商品を販売するのではなく、「お取引先様の売上げアップに寄与すること」を第一に考え、売上の伸びるような売り場づくりの提案や販促の企画に努めています。提案や企画を考える上で大切であるのが、事前にお客様が「何を求めているのか」を理解していることです。店舗でのフィールドワークや販売データの分析を通じて、お客様の潜在的なニーズを探ることも日々の業務として取組んでいます。さらに、お取引先様の新店オープンやリニューアルオープン時には、商品陳列のお手伝いをするなど、良好な関係を築けるよう尽力しています。

今の仕事の魅力・やりがいを教えてください

成果が一目見て分かる営業

新商品プレゼンなどを通じて自身の提案がそのまま売り場に反映されるという、成果が一目見て分かるところが営業の魅力だと思います。砂糖カテゴリーはコモディティということもあり、バイヤーからは安価な商品が好まれる傾向があるため、価格の安さをウリにしていない商品の提案や導入は非常に難しいです。こういった商品に関しては商品特徴を含め、潜在能力や導入したことで得られる売り場全体のメリットをバイヤーに対し的確に伝えることが重要になります。提案を裏付けできるような客観的データを収集は非常に困難を極めますが、自身の提案がバイヤーに対して受け入れられ、売り場に反映された際には大きな達成感を得ることが出来ます。

職場の雰囲気はどうですか?

若手のうちから責任感のある仕事が与えられる活気のある職場

当社の社員は役職、年齢を問わずにフランクで接しやすい方が多いです。仕事では、若手のうちから大きな取引先を担当するので、成長を実感しながらやりがいのある仕事に携わることが出来ます。もちろん仕事で行き詰った際には、先輩社員が都度フォローしてくれるので、不安を抱え込みすぎる心配もありません。

三井製糖に入社を決めた理由を教えてください

働きたいと感じる社員の人柄の良さ

就活では「食」が好きという単純な理由から、食品メーカーを中心にエントリーしていました。そして業界分析を進めるうちに、幅広い食シーンに関わることの出来る食品原料メーカーに興味を持ち始め、そこで三井製糖を知りました。入社を決めた理由は「業界トップシェア」「海外事業への将来性」「社宅制度など福利厚生の充実」などが魅力的だったこともありますが、一番の決め手は、複数回の面接を通じて社員の人柄の良さに触れたことで、自分もこの職場で働きたいと感じたからです。

ある日のスケジュール

  • 8:45出社・メールチェック
  • 9:00資料作成
  • 12:00昼食
  • 14:30量販店での商談
  • 16:30帰社
  • 17:00業務レポート作成
  • 18:00退社

学生の皆さんへのメッセージ

実体験ですが、面接では就活本に書かれているような、没個性的なテクニックに頼るのではなく、自然体で自分らしさをアピールした方が面接官からのウケは良かった気がします。面接では緊張せずに素の自分をアピールしてみてください!