ごあいさつ

新たな成長へ ー 変わらないために変わる 変わるために挑戦する

DM三井製糖は、2022年10月1日に、三井製糖と大日本明治製糖が合併し、新たに誕生いたしました。DM三井製糖ホールディングスグループの中核企業として、両社のこれまでの経営ノウハウを結集し、意思決定の迅速化を進め、早期に合併効果を発現します。国内砂糖産業のリーディングカンパニーとしての責任をしっかり果たすと同時に、成長分野へ経営資源や人材の集中と再配分を実行すると共に、グループ経営力をより一層強化し、未来に向けて継続的に成長し、より価値をもつ企業グループを実現してまいります。

当社の前身となる精製糖会社の創業から約130年、私たちが継承したものは、日々の生活に欠かせない基礎調味料である砂糖やその関連商品の知見や技術に留まらず、安全・安心のブランドへのお客様のご信頼です。私たちは、日本に留まらず中国やASEANなど海外の食卓にも彩を添える新しい製品やサービスを提供し、成長を続けてまいります。

とりわけ、「栄養」「健康」の領域に事業を拡げ、日々のパフォーマンスや個々人のライフステージに適した栄養補給食を提供し、「おいしい」「たのしい」「うれしい」など、人々が生きている幸せを実感するときにそばにいること、「幸せのちからになる」こと、を事業活動の目的として邁進してまいります。事業の源である自然への感謝を忘れずに、その恵みを様々な姿かたちにして広く社会に届け、幸せの時が広がる未来に、ずっと貢献できる企業グループとなる挑戦を続けてまいります。

皆さまには、より一層のご愛顧とお引き立てを賜りますよう、心からお願い申しあげます。

DM三井製糖株式会社
代表取締役社長
森本 卓