さとうきびと地球環境

さとうきびは地球環境問題に大きく貢献

さとうきびから原材料まで

さとうきびは、石油に替わるエネルギー「バイオエタノール」の原料としても注目されていますが、さとうきびの環境への貢献はそれだけではありません。
さとうきびは、多くの植物に比べ効率よくCO2を吸収します。また、植物が育ちにくいといわれる半乾燥地域でも丈夫に育ち、砂糖の製造過程でさとうきびの枝葉や糖分の少ない部分は畑に還元されるので、さとうきび栽培がやせた土地を豊かな土地に変える一助ともなっています。
砂糖の製造過程で糖汁を搾った茎の残りの繊維質は「バガス」とよばれ、工場を動かすための燃料として使用されます。原料糖工場では石油のような化石燃料はほとんど使用されず、余ったバガスで発電し地域に電力を供給しています。
このようにさとうきびは、皆さんの食生活を豊かにするだけでなく、地球環境問題の解決にも大きく貢献しています。