商品に関するよくあるご質問

砂糖に関して

賞味期限、製造日、保存法、など

Q砂糖に賞味期限はありますか。
A砂糖は長期保存しても「品質の変化が極めて少ないもの」として、期限表示を省略することができます。(食品表示基準)

食品には「賞味期限」か「消費期限」を表示することが食品表示法で義務付けられていますが、砂糖は「期限の省略可能な品目」に定められています。食塩やでんぷん、アイスクリームなども期限の表示を省略できます。

「期限」の無い砂糖に製造日のみを記載すると、「期限」と混同する可能性があることから製造日の表示は控えています。

Q砂糖はいつまで使えますか。
A使えるかどうかは「期間」ではなく、「現在の状態」で判断してください。

上白糖や三温糖などの砂糖は、状態が良ければ、開封・未開封によらず、何年経っていてもお使いいただけます。

使わない方が良い状態は、次の2つの状態です。

  1. 1.湿気て溶け出している。→腐敗している可能性があります。
  2. 2.部分的に変色している。→何かか浸み込んで汚染されている可能性があります。
  3. 全体的に変色している場合は問題ありません。

賞味期限が設定されている商品もあります。賞味期限があるものは、期限内に使用してください。

Q良い保存方法を教えてください。
A砂糖は開封・未開封によらず、容器で密閉して保存することをお勧めします。

砂糖は、賞味期限の表示が省略可能な食品に定められるほど長期保存が可能な食品ですが、長期間気持ちよくご利用いただくために容器で密閉保存することをお願いします。
その理由は次の3つです。

  1. 1.砂糖は臭いを吸着しやすい性質があり、強い臭いのある物の近くに置くと、ポリ袋を通して臭いが移ることがあります。
  2. 2.虫がポリ袋を食い破って中に入り込むことがあります。
  3. 3.温度や湿度の変化によって固まることがあります。ポリ袋は未開封でも通気性があり、乾燥して固まったり、湿気て溶け出すことがあります。
Q固まった砂糖のほぐし方を教えてください。
A乾燥しただけなので、湿気を与えれば元通りにほぐれます。

上白糖や三温糖などのしっとりした砂糖は乾燥して固まってしまうことがあります。
砂糖に含まれる蜜分が乾燥するときに、砂糖の結晶同士がくっついて固まります。
固まった砂糖は、乾燥しているだけなのでお使いいただけます。

固まった砂糖を袋から出し、食パンと一緒に容器に入れ一日密閉しておくと、食パンの水分を砂糖が吸収してほぐれてきます。
砂糖容器のふたの下に、濡らしてかたくしぼったキッチンペーパーを挟んでおいてもほぐせます。
砂糖がほぐれたら食パンやキッチンペーパーは、必ず取り出しておいてください。

グラニュ糖や粉砂糖は吸湿と乾燥を繰り返すことにより固まります。これらの砂糖は、砕いてご利用ください。

Q上白糖が黄ばんでいますが食べても良いですか。
A全体に均一な黄ばみなら自然現象で甘味も変わりません。しかし、別の要因のこともあるので確認が必要です。

上白糖を長期間保存した場合、黄色や薄茶色に着色することがあります。
原料由来の微かなアミノ酸と糖が反応して起こる現象です。
醤油や味噌を長期間保存すると、色が濃くなるのと同じ現象です。
化学的には、「メイラード反応」と呼ばれています。

ただし、何かが浸み込んだように、部分的に変色している場合、別の物質により汚染されている可能性がありますので、ご利用はお勧めできません。

Q虫が湧くことがありますか。
A砂糖の中で虫が湧くことはありません。砂糖の袋の中に入り込んでも、脱水されて死んでしまいます。

保管中に、虫が袋を食い破って入り込むことがあります。
食い破られた穴は小さいので、砂糖がこぼれてくることは滅多にありません。
虫は水分が十分に無いと生きていけませんが、砂糖には十分な水分がないので、砂糖の中で虫が湧くことはありません。
砂糖は開封・未開封によらず、容器で密閉して保管することをお勧めします。

Q黒砂糖はどう保管すれば良いですか。
A開封前は常温で、開封後は冷蔵庫に保管した方が安心です。

包材に記載の通り、直射日光・高温多湿をさけて常温で保管してください。また、蟻などの虫の侵入やにおい移りを防ぐため、密閉できる容器に入れてください。
黒砂糖は高温多湿によりカビが生えることがあるので、開封後は冷蔵庫に保管した方が安心です。
黒砂糖も賞味期限はありませんが、風味が変化したり、色が濃くなったりすることがあります。
おいしくお召し上がりいただくために、お早めにお使いになることをお勧めします。

Q黒砂糖の表面が白く見えるのですが、大丈夫ですか。
A黒砂糖は乾燥しすぎると白く見えることがあります。

黒砂糖は乾燥しすぎていたり、こすれて表面が荒れていたりすると、白く見えることがあります。
表面がサラサラして、黒砂糖特有のにおいがする場合は問題ありません。

原材料、原産地、製造地(製造場所)、など

Q砂糖の原材料は何ですか。
A原料糖という、「さとうきび」、「てん菜(ビート)」から糖分をとり出し、結晶化したものです。

さとうきびやてん菜(ビート)は、そのまま保管すると傷んでしまいます。そこで、栽培地の近くで、まず「原料糖」に加工しています。
「原料糖」を精製糖工場へ運び、ろ過を繰り返して不純物を取り除き、煮詰めて結晶にして、遠心分離器で取り出します。

Q原材料の産地はどこですか。
Aさとうきびは、主にタイ、オーストラリア、日本(沖縄・鹿児島)、てん菜(ビート)は北海道です。

さとうきびもてん菜も、農産物なので、収穫期があります。日本では冬、さとうきびは1~3月頃、てん菜は11~12月が収穫期です。季節により、世界各国の原材料を使用しています。

Qどこの工場で製造したものですか。見方を教えてください。
A袋に記載してある 「製造者 三井製糖株式会社○」の○にあたるアルファベットでご確認ください。

千葉工場:C、神戸工場:K、福岡工場:F
これ以外の工場については、お客様相談窓口にお問合せ下さい。

Q砂糖はどうやってつくるのですか。
Aさとうきびとてん菜(ビート)が光合成で作りだした「砂糖(しょ糖)」を、結晶として取り出します。

詳しくは資料へ

砂糖各種の製造法比較(658KB)PDFファイルを開きます

Q白い砂糖は漂白していますか。
A漂白はしていません。砂糖の結晶は本来無色透明です。

不純物を含まない、純粋な砂糖は無色透明な結晶ですが、細かい粒になると光が乱反射するので白く見えます。
水が透明なのに、かき氷や雪が白く見えるのと同じ原理です。
さとうきびやてん菜に含まれる砂糖以外の成分をろ過して取り除き、無色透明にしています。

結晶の粒が大きいほど透明に、粒が細かいほど白く見えます。
砂糖の結晶・粒の大きさは、氷砂糖>白ザラ糖>グラニュ糖>上白糖>粉砂糖の順です。

Q三温糖はなぜ薄茶色なのですか。
A繰り返し加熱することにより、砂糖がカラメル化して薄茶色になります。

三温糖は「三度温める砂糖」の名前のように、繰り返し加熱してつくっています。
上白糖も三温糖も原材料は同じ原料糖ですが、三温糖は上白糖などの純度が高く白い砂糖の結晶を取り出した後の蜜を原料にしています。
三温糖は繰り返し加熱しているので、加熱により砂糖がカラメル化して薄茶色になります。
三温糖の中にはカラメル色素で色調を整えるものもあります。

砂糖各種の製造法比較(658KB)PDFファイルを開きます

Q三温糖にカラメル色素を使っていますか。
Aカラメル色素を使用しているものと無いものがあります。

カラメル色素を使用しているものは、商品の『原材料名』の欄に「カラメル色素」の記載があります。
使用していないものは「原料糖」とだけ記載されています。
使用しているカラメル色素は、「カラメルI」に分類される、砂糖を加熱して作ったものです。

Q遺伝子組換え原料を使っていますか。
A弊社商品には一切使用しておりません。

砂糖の原料はさとうきびとてん菜です。
さとうきびには遺伝子組換え品種がありません。
てん菜には遺伝子組換え品種がありますが、国内では栽培されていません。てん菜を使用している弊社製品は、国産原料のみを使用しています。

Q砂糖には動物性のものが入っていますか。
Do sugar products contain any animal factor?
A動物性のものが含まれることはありませんが、精製時に色素を取り除くため、牛の骨炭を利用している商品があります。
Our sugar products never contain any animal product. In order to produce some of them, we use bone charcoal as a filtering material.

砂糖の原材料は、さとうきびとてん菜という植物から作られており、動物性の原料が入っていません。
製造する工場によっては、精製過程で牛の骨を高温で焼いて炭にしたもの(骨炭)で色素を取り除いています。
骨炭は容器に詰め、その中を糖液が通過する(接触する)ため、最終的に商品に含まれることはありません。
宗教上の理由などでお使いになれない場合、お客様相談窓口へご相談ください。

Raw sugar is made of plants, which are sugar cane and sugar beet. And any animal material is not used.

Some refineries use bone charcoal as a filtering material, which is made from cattle bones by roasting at high temperature.

Sugar syrup passes through the culumn paked with bone charcoal to remove coloring matter, so final products dose not contain bone charcoal.

If you mind using our sugar products for some religious reason, please contact our customer service section.

Q原材料の欄に記載のある水酸化カルシウムとはどういうものですか。
A石灰とも呼ばれ、古来からコンニャクの凝固剤にも利用されてきた、安全性の高い成分です。

水酸化カルシウムの原料は珊瑚や貝殻などが堆積してできた石灰岩です。
製造工程で、糖液を中性にするため、ほんのわずかな量を使用しています。

Q一番甘い砂糖はどれですか。
A甘みの強さは、砂糖によって、数字で差が出るほどの違いはありません。

同じ重さの砂糖は、ほぼ、同じ甘みの強さです。
三温糖などは甘い香りがあるので、甘味を強めに感じる傾向があります。

なお、砂糖の種類によって、大さじ1杯で取れる量(重さ)が違う場合がありますのでご注意ください。

大さじ1杯の目安量
上白糖三温糖 8~9g
グラニュ糖 12g
中ザラ糖白ザラ糖 13g
Q砂糖は無臭ですか。
Aどの砂糖も、それぞれ特有のにおいがあります。

砂糖は原料の種類、精製の度合い、製造方法によって、様々なにおいがあります。

精製度の低い黒砂糖などは、原料のさとうきびに由来する独特のにおいがあります。
製造する時に加熱時間の長い、三温糖や中ザラ糖は、砂糖が一部カラメル化しているので、甘い香りが強くします。
グラニュ糖や白ザラ糖も加熱して作っているので、綿菓子のような甘い香りがありますが、乾いているのでにおいは感じにくいです。

上白糖や三温糖は、製造工程で砂糖から作った蜜をまぶしてあるためしっとりしています。そのため、湿度や温度によっては、この蜜のにおいが強く感じられることがあります。また、上白糖や三温糖は他の砂糖よりも水分が多いので、においを感じやすい糖種です。

砂糖各種の製造法比較(658KB)PDFファイルを開きます

Q上白糖と三温糖はどこが違いますか。
A色と風味が違います。お料理に使うと、仕上がりも違います。

三温糖は薄茶色で甘い香りがあり、しっかりとした力強い甘みの砂糖です。
醤油や味噌との相性がよく、和食のお惣菜によく利用されている砂糖です。
三温糖で作った煮物は、上白糖を使うよりも、艶やテリが良く、コクが出ます。

上白糖は無色でわずかに甘い香りがあり、しっとりとした淡白な甘さなので、どんな料理にも利用できる砂糖です。
上白糖で作った卵焼きは、キレイな黄色に仕上がりますが、三温糖ではくすんだ色になります。

栄養的にはほとんど違いがありません。

Q砂糖の色の違いは何ですか。
A製造工程によって砂糖の色が多少変わります。

三温糖や中ザラ糖は砂糖が加熱によりカラメル化した色です。
黒砂糖、やんばる糖などは蜜分(糖蜜)の色が強く出ています。

砂糖各種の製造法比較(658KB)PDFファイルを開きます

Qいろいろな種類がある砂糖。どう使い分けたら良いですか。
Aこの砂糖でなければ作れない、という料理はほとんどないので、お好みでお選びください。

砂糖は種類によって、色や香り、甘味の質や粒の大きさ、料理の仕上がりが違います。
しかし、砂糖(しょ糖)であることに変わりはないので、この種類の砂糖でなければ作れない、ということはほとんどありません。
例えば、氷砂糖や中ザラ糖は粒が大きいので、三杯酢のように水分が少ないものに溶かすのは容易ではありません。上白糖などの細かい砂糖をご利用ください。

砂糖の種類・特徴
砂糖の種類 特徴と主な用途
白ザラ糖 無色透明な、大きな砂糖の結晶です。最高純度で、すっきりした上品な甘味質の砂糖です。
素材の風味や色を生かしたい時にご利用ください。
高級和菓子・洋菓子、綿菓子に。梅シロップや煮豆、餡などにもご利用ください。
グラニュ糖 無色透明な、細かい砂糖の結晶です。サラサラして使いやすい砂糖です。
高純度ですっきりした甘味質の砂糖です。素材の風味や色を生かしたい時にご利用ください。
ジャムや和菓子、洋菓子、嗜好飲料に。卵焼きもすっきりした甘みになります。
上白糖 無色透明な微細な砂糖の結晶です。しっとりして溶けやすい、扱いやすい砂糖です。
しっとりとした甘さが特徴の、日本特有の砂糖です。
汎用性が高く、お惣菜からお菓子、飲み物まで、何にでも利用できる砂糖です。
三温糖 薄茶色で、しっかりとした甘みの質と独特の風味を持つ、日本特有の砂糖です。
煮物などにテリやツヤが出ます。またコクが増します。
卵焼きやすし飯に使うと、素材の色がくすんで見えるのでご注意ください。
中ザラ糖 褐色で大きな砂糖の結晶で、ザラザラしています。
純度が高くさっぱりした甘味質なのに、コクも出る、特別な砂糖です。
佃煮、漬物など砂糖の配合量が多い食品にご利用ください。
黒砂糖 濃い褐色で独特の風味を持つ砂糖です。微量含んでいるミネラル由来の苦味があります。
そのまま、お茶請けとして食べるだけでなく、お料理やお菓子にもご利用いただけます。
黒蜜や和菓子、パン、などの他、魚・肉料理の臭み消しや煮物の隠し味にもご利用ください。
Q黒砂糖と加工黒砂糖はどこが違いますか。
A原材料と製造法が違います。

消費者庁では次のように規定しています。「食品表示法」(平成23年3月31改正)

黒砂糖:さとうきびの搾り汁に中和、沈殿等による不純物の除去を行い、煮沸による濃縮を行った後、糖みつ分の分離等の加工は行わずに冷却して製造した砂糖で、固形または粉末状のものをいいます。

加工黒砂糖:原料糖に糖蜜や黒砂糖などを加えて加工したものをいいます。

黒砂糖と加工黒砂糖の原材料
名称 原材料名
黒糖 / 黒砂糖 さとうきび(原産地表示義務有り)
加工黒糖 / 加工黒砂糖 原料糖、糖蜜、黒砂糖、他(水酸化カルシウム=石灰、等)

砂糖各種の製造法比較(658KB)PDFファイルを開きます

Qやんばる糖は黒砂糖ですか。
Aやんばる糖は加工黒砂糖です。

黒砂糖もやんばる糖もさとうきびから作り、同じような味・栄養成分ですが製造方法が異なります。
「黒砂糖」は原料のさとうきびから直接作るため収穫期(1~3月)にしか製造できず、1年分の消費量をまかなうことが困難でした。
そこで開発されたのが「やんばる糖」です。
「やんばる糖」では、さとうきびの絞汁を煮詰めて砂糖の結晶を作り出し、砂糖の結晶(=原料糖)と蜜分(=糖蜜)に分けて保存し、必要に応じて原料糖と糖蜜を混合することにより、年間を通じて作ることが出来るようになりました。

健康、栄養、摂取量、など

Qアレルギー物質は含まれていますか。
A食品表示法で定められている「必ず表示される7品目」や「表示が推奨される20品目」は含まれていません。

砂糖の起源原料はさとうきびとてん菜で、製造工程においてもアレルギー物質は使用していません。
当社砂糖商品の製造工場ではアレルギー物質を含む商品の製造は行っていません。

表示品目について
表示が義務付けられた特定原材料7品目 乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに
表示が推奨される特定原材料に準ずる20品目 あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、 くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、 やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ、ごま、カシューナッツ
Q砂糖を摂りすぎると糖尿病になりますか。
A砂糖そのものが直接の原因になることはありません。

遺伝的に糖尿病にかかりやすいなど、先天的要因と、過食・肥満・運動不足・妊娠・内分泌異常など、後天的要因が重なると、糖尿病になりやすいと言われています。
つまり、砂糖を沢山摂っても糖尿病にならない人と、全く摂らなくてもなる人がいる、ということです。

詳しくは、厚生労働省のホームページ別ウィンドウで開きますをご覧ください。

Q砂糖は一日にどの位食べても良いですか。
A砂糖には「摂取許容量」や「目標量」などの制限はありません。

砂糖には、炭水化物、たんぱく質、脂質、食塩などのように、摂取量の許容量や目標量などの制限値がありません。
砂糖は炭水化物の一種であるので、摂取量は米やパンなどを含めた炭水化物全体として考えます。
最近の日本人の食生活は、脂肪は増加傾向にありますが、炭水化物や砂糖の摂取量はむしろ減少傾向であり、砂糖を多く摂りすぎているということはありません。
とはいえ、どんな食品、栄養素でも、摂り過ぎは体に良くありませんので、食事はバランス良くお摂りすることをおすすめします。

Q1/2上白糖の1/2の意味を教えてください。
A使用量が1/2。普通の砂糖の半分の使用量、という意味です。

1/2上白糖、1/2三温糖は、普通の砂糖の2倍の甘みの強さがあるので、使用量は1/2です。

Qおいしくってカロリーゼロは糖類ゼロなのに炭水化物100%なのですか。
Aおいしくってカロリーゼロの成分は、糖類ではない、炭水化物(糖質)の成分でできています。

糖類、糖質、炭水化物には、それぞれ沢山の種類があり、エネルギーの無いものや、血糖値に影響を与えないものもあります。
これらの関係は「炭水化物>糖質>糖類 (図参照)」のように定められています。

食品表示基準(食品表示法)では、糖類、糖質、炭水化物をまとめて「炭水化物」として記載することになっています。
このため、糖類を全く含んでいなくても、糖質100%であれば、炭水化物100%と表示します。

おいしくってカロリーゼロは主成分の「エリスリトール」と微量の「スクラロース」からできています。
「エリスリトール」も「スクラロース」も糖「質」であり、糖「類」ではありません。
したがって、おいしくってカロリーゼロの栄養成分表示は炭水化物100g/100gになっています。

容器包装

Q砂糖の袋は完全密封していますか。
A密封されていません。空気の通り道があります。

上白糖やグラニュ糖などの袋は空気の逃げ道を作るために完全密封していません。
砂糖を包装するとき、自動包装機で連続的にポリエチレン袋に入れ、ヒートシール(熱圧着)して封をすると、どうしても空気が入り、膨れた状態になります。
ところが、袋に空気が入ったままでは、保管輸送中に重みがかかり、砂糖の袋が破裂する可能性があります。
このため、袋のヒートシールに迷路のような空気の逃げ道を作り、ゆっくりローラーで空気を押し出し、形を整えます。
完全密封でないため、砂糖の袋をそのまま水につけると、この逃げ道から水が中に入ることがあります。
また、開封後、袋のまま使い続けると、袋の中の砂糖が動く状態になり、この逃げ道から砂糖が零れることがあります。
この逃げ道からは虫が入ってこないよう設計されていますが、砂糖は密閉できる容器に入れて保存してください。

Q未開封の砂糖の袋が膨らんでいます。大丈夫でしょうか。
A袋の中に空気が入っただけです。

上白糖、グラニュ糖、三温糖などの砂糖のポリ袋は密封されていません。

ポリ袋を立てたり、斜めにすると、ヒートシールにある空気の逃げ道から空気が入って、袋が膨らむことがあります。
このような場合は、平らなところに置いて上から押さえると、少しずつ中の空気が出ていきます。

Qベルマークはどう使えば良いですか。
A当社はベルマーク運動に協賛しています。

ベルマーク運動は教育助成が目的ですので、個人でご利用になることはできません。
お近くの学校や幼稚園などのベルマーク運動参加団体に寄付するか、ベルマーク教育助成財団へ送ってください。
詳しくは、ベルマーク教育助成財団へお問い合わせください。

当社は1962年(昭和37年)よりベルマーク教育助成財団に協賛しております。

パラチノース®に関して

Qパラチノース®と砂糖はどこが違うのですか?
Aパラチノース®はしょ糖と同様、ブドウ糖と果糖が1分子ずつ結合した二糖類ですが、その結合部位が違っています。
Qパラチノース®と還元パラチノースは違うものですか?
A

還元パラチノース(=パラチニット®)はパラチノース®を還元したもので、それぞれ違う性質を持っています。

パラチノース®は砂糖の仲間で、カロリー4kcal/g、歯にやさしい、吸湿性が低い(べたべたしにくい)という特徴があります。また、ゆっくりと時間をかけてカラダの中にすべて吸収されますので、大量に食べてもお腹が緩くなることはありません。色々なお菓子を始め、プロテイン等のスポーツ向け食品、病者用食品などに利用されています。

還元パラチノースも同じように歯にやさしい、吸湿性が低いという特徴がありますが、糖アルコールの仲間でカロリーは2kcal/gです。また、一度に大量摂取するとお腹が緩くなることがあります(一過性のものです)。
透明で湿気難いキャンディを作ることができ、シュガーレスの飴、ガムを中心に、タブレットや飴細工などにも利用されています。

Qパラチノース®を摂りすぎた時の害はありますか?
Aパラチノース®は砂糖と同じように小腸で分解されカラダにすべて吸収される糖質です。摂りすぎて下痢を起こすこともありません。もともとお子さま向けの糖質として開発されましたので、乳幼児向けの食品にも使用されています。安心してご使用下さい。
Qパラチノース®とキシリトールはどこが違うのですか?
A
  1. 1.
    歯にやさしい
    パラチノース®もキシリトールもそれ自体が歯にやさしいという意味においては共通しています。
  2. 2.
    お腹がゆるくなる?
    パラチノース®は一度に大量摂取してもお腹がゆるくなる心配はありません。一方、キシリトールなどの糖アルコール類は、一度に大量摂取するとお腹がゆるくなる可能性があります。
  3. 3.
    カロリー(エネルギー値)
    パラチノース®のカロリーは4kcal/gです。キシリトールは3kcal/gです。
Qパラチノース®はお子さまのお菓子にむいていますか?
A
  1. 1.
    安全なパラチノース®
    おやつを考える場合、大前提として安全であることが大切です。パラチノース®はお腹がゆるくなる心配のない、天然の甘味料です。
  2. 2.
    体へのエネルギー補給
    パラチノース®は砂糖同様4kcal/gあります。お子さまのおやつは、3度の食事で摂取しきれない栄養素を捕食として補う目的があります。お子さまにしっかりと栄養補給していただくためにはパラチノース®のようなエネルギーがある糖質を使用している食品をお勧めいたします。
  3. 3.
    脳へのエネルギー
    パラチノース®は砂糖と同様、果糖、ブドウ糖で構成されています。通常の栄養状態では、脳へのエネルギー源はほぼ100%ブドウ糖です。育ちざかりのお子さまにとっては脳のエネルギー補給も大切な要素のひとつです。
Qパラチノース®、還元パラチノース(=パラチニット®)の製造場所はどこですか?
Aドイツ連邦共和国です。

さとうきび抽出物に関して

Qさとうきび抽出物は新しい砂糖ですか?
A砂糖ではありません。さとうきびの搾り汁から糖分やミネラル成分を除き、さとうきびポリフェノールなどの消臭・呈味改良成分を抽出した天然の素材です。さとうきびは砂糖の原料になるだけではなく、私達の生活に役立つさまざまな成分が含まれています。
Qさとうきび抽出物はどこで販売していますか?
A家庭用向けの製品はありません。食品素材原料として業務用向けに販売しています。
Qさとうきび抽出物はどのような商品に利用されていますか?
A畜産加工品、乳酸飲料、機能性飲料、レトルト食品、健康食品などさまざまな商品に利用されています。

IRに関するよくあるご質問