沿革

三井製糖株式会社
1947年(昭和22年) 9月 湘南糖化工業株式会社創立。
1949年(昭和24年) 1月 商号を横浜精糖株式会社に変更。
1953年(昭和28年) 12月 東京証券取引所に株式を上場。
1961年(昭和36年) 10月 大阪証券取引所に株式を上場。
1962年(昭和37年) 12月 ベルマーク教育助成財団に協賛し、製品にベルマークを付ける。[大阪製糖]
1963年(昭和38年) 12月 タイ国の製糖工場を買収して、芝糖タイ株式会社(現 クムパワピーシュガー株式会社)設立。[芝浦精糖]
1970年(昭和45年) 11月 当社、芝浦精糖株式会社(資本金13億円、昭和22年創立)および大阪製糖株式会社(資本金10億円、昭和15年創立)の3社が合併し、商号を三井製糖株式会社に変更。(資本金33億円、本社:東京都中央区大手町2-6-4、主要工場:芝浦工場、川崎工場、岡山工場)
1972年(昭和47年) 12月 本社を東京都中央区日本橋本町三丁目8番3号に移転。
1982年(昭和57年) 1月 三井製糖食品株式会社を設立し、二次製品販売部門を独立。
1983年(昭和58年) 10月 川崎工場精製糖生産を休止、芝浦工場の名称を東部工場に変更。
1984年(昭和59年) 11月 機能性甘味料パラチノースの生産・販売を開始。
1992年(平成4年) 8月 本社を東京都中央区日本橋本町二丁目8番2号に移転。
1994年(平成6年) 10月 三井製糖食品株式会社を吸収合併。
2001年(平成13年) 4月 新名糖株式会社と合併し、商号を新三井製糖株式会社に変更。当社の主要な工場に千葉工場が加わる。
2002年(平成14年) 9月 東部工場を閉鎖。
10月 東部工場の生産を千葉工場へ集約。
2005年(平成17年) 4月 当社、台糖株式会社および株式会社ケイ・エスの3社が合併し、商号を三井製糖株式会社に変更。当社の主要な工場に神戸工場と福岡工場が加わる。
2011年(平成23年) 12月 中国(上海)に上海駐在員事務所を開設。
2012年(平成24年) 6月 北海道糖業株式会社を連結子会社化。
7月 本社を現住所(東京都中央区日本橋箱崎町36番2号)に移転。
9月 岡山工場の精製糖生産を終了。
2014年(平成26年) 4月 食品素材事業の一部を会社分割により、株式会社タイショーテクノス(連結子会社)に承継。
12月 ニュートリー株式会社を連結子会社化。
2015年(平成27年) 6月 岡山工場を閉鎖。
2016年(平成28年) 2月 タイ(バンコク)にバンコク駐在員事務所を開設。
台糖株式会社(2005年(平成17年)4月に合併)
1900年(明治33年 12月 前身である台湾製糖株式会社創立。
1946年(昭和21年) 7月 新日本興業株式会社設立。
10月 商号を大東殖産株式会社に変更。
1950年(昭和25年) 5月 商号を台糖株式会社に変更し、台湾製糖株式会社の内地資産を継承、精製糖事業及び倉庫業開始。
1951年(昭和26年) 9月 東京証券取引所に株式を上場。
1955年(昭和30年) 6月 米国チャールズ・ファイザー社と合弁で台糖ファイザー株式会社(現 ファイザー製薬株式会社)を設立、同社に製薬事業部門移管。
1973年(昭和48年) 5月 神戸に新工場(現 神戸工場)を開設。
1986年(昭和61年) 6月 制癌剤の製造承認を経て、原末の製造販売を開始。
2003年(平成15年) 1月 免疫抑制剤原薬工場竣工。
8月 会社分割により、株式会社台糖バイオ生産研究所を設立。
2005年(平成17年) 4月 新三井製糖株式会社、株式会社ケイ・エスと合併して解散。
株式会社ケイ・エス(2005年(平成17年)4月に合併)
1949年(昭和24年) 9月 前身である九州製糖株式会社設立。
1989年(平成元年) 8月 株式会社ケイ・エス設立。
9月 九州製糖株式会社の資産、営業権を譲り受け営業開始。
2005年(平成17年) 4月 新三井製糖株式会社、台糖株式会社と合併して解散。